ピルで胸を大きくしたい(自然豊胸にて)

低用量ピル服用で胸が大きくなるらしい。なぜ避妊に使用するピルを飲むと胸が大きくなるのか?
ピルに効能がバストアップ作用のメカニズムに納得できます。
さ実際にピルで胸が大きくなった口コミ情報と共に、ピル豊胸の注意点もまとめてご紹介します。

ピルには胸を大きくしたい成分がつまっている

一般的にピルは避妊に使用されるお薬ですが、ピルの副次的作用としてホルモンバランスが安定し大きくなる可能性があります。

ピルには「アフターピル」や「低用量ピル」などの種類がありますが、一般的にピルと呼ばれているのは、日常的に服用する「低用量ピル」の事をさします。また、ここではピル=低用量ピルとして説明していきます。

低用量ピルには女性ホルモンが配合されており、月経と妊娠をコントールする効果があります。
経口避妊薬とも呼ばれており、コンドームよりも高い避妊効果があるそうです。
・ピル:99.7%の避妊率
・コンドーム:82%の避妊率

ピルと言えば少し暗いイメージに避妊薬ですが、女性ホルモンが含まれているため副作用で胸が大きくなる事があります。

毎日飲み続けると、排卵を止めて子宮内膜の増殖を抑制し、PMS(月経前症候群)や生理不順、生理痛などを改善する効果も期待できます。
低用量ピルの服用は、望まない妊娠から自分の身体を守るために、最も確実で安全性の高い方法とも言われています。

しかも、低用量ピルはニキビ治療にも使われています。

ピルで胸が大きくなる豊胸メカニズムは女性に大切な成分があり

ピルの主効能は月経の調整が出来るのですが、ピルの服用で胸が大きくなる事例が多々あるようです。

ピルの服用で胸が大きくなるのは、そのメカニズムをしれば納得いくはずです。

女性ホルモンは2種類あります。「卵胞ホルモンのエストロゲン」と「黄体ホルモンのプロゲステロン

主成分が女性ホルモンのピルを飲む事は、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増え、ホルモンバランスが安定します。

中でも黄体期に分泌量が多くなる、
プロゲステロンは、乳腺を発達させたり、脂肪や水分を体に溜める作用があります。

バストは脂肪分の塊(乳腺も含む)で、ピルによってホルモンの分泌量が増え、胸に張りを感じたり乳房が大きくなったりすることがあるようです。

ただ、胸が大きくなる効果はあくまでも副作用のひとつですが、大体ピル服用開始から2~3か月後に体内のホルモン量が安定し始め、乳房が大きくなったり張りが出てきたと感じる人が多いようです

本来の胸が成長する人のメカニズムがピルで補助されます。

ピルでの豊胸はいい事ばかりではない

ピルは副作用もあり、お薬が合わない人は副作用が強く出る場合があります。

そして、副作用の中でも最も注意したいのが「血栓ができやすくなること」です。

血栓ができると、心筋梗塞や脳梗塞などの恐ろしい病気の原因になります。

副作用の詳細は以下でも確認が出来ます。

女性の低用量ピルの服用でのホルモンバランスが良くなりいいことづくめですね。
医薬品ですので、医学的な効能は保証されております。

医学的根拠のないバストアップクリームや下着などを付けてもバストアップはしませんので、ご注意ください。

巨乳で乳首をピンクで美乳な女性を目指します。
巨乳で乳首をピンクで美乳な女性を目指します。

powered by Novelon

タイトルとURLをコピーしました