生理痛の緩和を低用量ピル(ノベロン)は安全ですか?

女性の中では生理痛は女性にしか分からない悩みですね。
その中でも生理痛の症状が酷い人は「痛みや震え」、そして痛みにより睡眠がとれず症状が悪化するなど経験する方もいるのではないでしょうか。

体質改善はなかなか容易ではありませんね。
病院でも勧められる方法として「低用量ピル」があります。

参考情報:避妊ピルのマーベロン・ジェネリックのノベロンを通販で

低用量ピルは気になるけど不安も多いけど、どうなの?

生理痛で痛みが辛い時にどような対処があるのでしょうか。
一般的には生理痛の痛み止めには3つの選択肢かと思います。

1.痛み止めの市販薬(又は処方箋)
2.漢方薬
3.低量用ピル

痛み止めで生理痛緩和

すでに生理痛で悩まれている人は痛み止めは既に試しているかと思います。
一般的な痛み止めの市販薬では、
 ・ナロンエース
 ・イブ(EVE)
 ・バファリン
 ・ロキソニン
などがありますが根本的な治療にはならないですが痛みがひどい場合は服用されるのではないでしょうか。

漢方で生理痛緩和

次に漢方薬ですが、婦人科でも薦められた事があるのではないでしょうか。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

ただし、漢方は種類が多いのと、体質に合ってないと効果が出にくい特徴があります。
生理痛の症状や体格や体質によって漢方薬の処方が変わってきます。
なので初めて漢方薬を服用する方は医師に相談をする事をお勧めします。

低用量ピルで生理痛緩和

次に低量用ピルになります。
私自身も低用量ピルを服用しています。
生理痛がホルモンバランスの乱れであるならばお薬でホルモン調整が確実に出来る低用量ピルがお薦めです。

周期の安定や年齢によってしお薬なしでも生理痛が無くなる事もあります。

低量用ピルとの相性もありますが、試してみる価値は非常に高い方法です。
以前言われていた、乳がんになりやすい、太りやすいなどは誤った情報です。

低用量ピルは太るんじゃないの?

低用量ピルで気になる点として「太るんじゃないの?」
結論から言うと低用量ピルでは太らないです。

ですが、ピルの服用で「太った」という噂をよく耳にされたかもしれません。
これはホルモノバランスの乱れから解放され体調が改善され、食欲増進につながる事が原因なのかもしれません。
沢山の研究結果からも”ピルの服用と体重増加は関係がない”と結論がでてきます。

低用量ピルは単なる「避妊薬」ではありません。
もとろん避妊を主効果としていますが、副次的な効果として女性特有の悩みを解消してくれる効果が有ります。

主だった作用としては、
PMS,ニキビ、生理不順、生理痛、子宮内膜症などがあります。
必ずしもピルの服用が「避妊」だけでなく服用されている場合があります。

低用量ピルの種類

ピルは3系統ありますが、現在では1相生と3相生ピルが主流となっています。
・1相生ピル(そうせい)
毎日、同じ量の薬を21日間飲むタイプ。
こちらがノベロン(マーベロン・ジェネリック)が1相生ピルになります。

お薬を中断すると生理が来るようになるしくみです。

・2相生ピル(そうせい)
これは前半と後半とでお薬の成分量が異なるピルです。

・3相生ピル(そうせい)
より自然なホルモノの量の出方に近いと言われています。
トリキュラ―

21錠と28錠のタイプがあります。
「休薬期間」というものが必要で、この休薬期間の取り方で21錠と28錠のものがあります。

お薬の飲み忘れが心配な方は28錠タイプを選択すると良いでしょう。
28錠のうち7錠はプラセボ(偽薬)となってます。
28錠を毎日服用してれば、休薬期間(7錠分)も含まれるので、忘れずに服用周期を守れるようになる仕組みです。

低用量ピルは乳がんになりやすくなるの?

統計的な差異の範疇化もしれませんが低量用ピルを服用すると、僅かながら乳がんが増える可能性があるとされています。
「産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編 2020)で論文を根拠にわずかながら乳がんが増えるとしています。
*理論的に微増ながら1.08倍増えるとされています。

使用期間が長くなればリスクが増えるようですが、「子宮内膜症」の予防、PMS(月経前症候群)の軽減、痛み止めを飲まなくなるなど、それよりも低用量ピル服用による恩恵の方が多い事からも許容される範囲ではないでしょうか。

参考論文(英文):Oral contraceptive use and risk of breast, cervical, colorectal, and endometrial cancers: a systematic review

低用量ピルでの様々な副次的効果

ニキビが酷い事で15歳とか16歳の高校生くらいの方でも飲み始めている方もいます。
若い人の中でもホルモンバランスが異常に乱れる事でニキビの原因であったり重度の生理痛などがあります。

このように、低用量ピルを服用する事でニキビが出にくくなったり生理痛が収まったりするのはもちろん、
PMS(月経前症候群)が軽くなったり、月経の予定日が分かるようになったり、
出血量が適切な量になるので「子宮内膜症」の予防になったりもします。

ちなみに、私は低用量ピルを始めてからお肌がキレイになりました。
これは、恐らくホルモンバランスが乱れていたのが原因だと思います。
お肌が荒れてて、ニキビ多かったんですが、それが結構改善されました。

あとは、ホルモンバランスが整う事の影響で太っている人は逆に「痩せ」やすい体質にもなるようです。

ですが、最大のデメリットとしてはお金がかかる事でしょう。
クリニックや病院でのピルを入手しても、保険適用でも以下の費用がかかります。
基本的にまとめて処方されません(3か月目以降はまとめて3か月分の処方ができます。)
・診察料+ピル1シート(2,000円~3,000円/月)

通院および待合室での時間もデメリットでしょうか。

powered by Novelon

タイトルとURLをコピーしました